« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

韓国の音楽ファンは戦略家

さいきん、“はいかい癖”が。

やっぱり休みはいいね。
時間にしばられず、てきとーにぶらぶらできます。

ちょっとびっくりしたんですが、

町田のドンキが潰れます

ってか、町田にドンキが2店あるのって、あんまり知られてないとおもうますね。

メガドンキ、
ヤングドンキ?ってので、

メガの方がつぶれると。

ま、ええけどさ。ちょっと寂しいですね。
すごいんですよ、このドンキ。めちゃんこ広いです。

町田にはかんなり大きいダイソーもあります。
ギガダイソーと言います。

でも、ドンキって消防法ぎりそうな、ごっちゃごっちゃした店内じゃないとね。
メガドンキって、すっごく広いから、けっこうすっきりしてて。
なんかドンキっぽくないw

かわって、ヤングのドンキは、まあ、両店今日行ったんですが、
やっぱり

カオス。

いいと思う。

メガドンキに取り込まれてる、福家書店で、“K-POPがなんでこんなにブームになったのか”っていうテーマの本を立ち読みさせて頂きました。
(さすが福家書店。サブカルに強い!)

で、その理由は、
まあ、良く言われてますけど、

韓国の市場が小さくて、海外進出しないと、そもそも成り立たないから、頑張ったことが最大要因だと。

でも、ほんと、韓国民ってかわいそうです。
(※以下、その本の情報)

音楽市場規模って、すっごく世界的に偏りがあるんです。

1位 アメリカ
2位 日本

・・・

3位 ドイツやイギリス

で、2位と3位で、ダブルスコア状態です。
ともかく、日本とアメリカの音楽市場は恵まれてる。

ちなみに韓国はだいぶ下で20位台。

 

日本人ってありがたいですよーー。

 

韓国がなんでこんなに低いかって言えば、もちろん、人口や所得の問題もありますけど。
注目視されてるのは、

違法ダウンロード。

 

韓国市民は買わずにダウンロードしちゃうんですよ。
アーティストにお金がながれない。

どこかの中国とかも著作権無視とかやってるけど、
それって、基本的には外国のモノをパクってる訳で、“今の中国”だけのことを考えたら、著作権なんて無視した方が発展するから、ある意味、国民は国益に適った行動ですよね。

でも、韓国の違法ダウンロードって、自国民のアーティストを殺そうとしてるようなものでしょwww

まあ、いいけどさ。
逆に今考えてみて、サムスンやらLGやら、内需が全然ないから海外進出に積極的で、成功してるし。
韓国アーティストも、ある種、海外進出が必然になって、アジア中でブームが起きてるらしいし。

そこまで考えてたら、違法ダウンロード者って、すごっ。
天才だwww

 

ただし、
よく言われてるのが、

 

海外でもウケるほどハイレベルを要求される

英才教育が必要

芸能事務所などが高いコストをかけて育てる

高いコストをかけた中、1部の成功したアーティストから、事務所は儲けようとする

アーティストにとって、不利な契約を結ぶ

いざ、成功すると、そのアーティストは、事務所がやたらお金を取ってることに不満を持つ

メンバー間、事務所アーティスト間で金銭的トラブルが起こる

解散

または、
成功すると、韓国ネット界の執拗な中傷→自殺

とかね。
もうさ、
僕は、素人っぽくっていいと思うんだ。

シルシルミシルとか、お願いランキングのちょいたしのとか。
普通のADが出てくる。
あと、AKBとかさ(笑い

完全をめざさなくてもいいんじゃない。
まったりいこうよ。

 

そういや、
おもしろい日本の文化があります。
日本の、というか主に吉本の文化なのかな。
(文春か、朝日か、新潮の最新号のネタ。立ち読みでw)

お笑いブーム、
吉本興業がなかったら、今のテレビにはなってなかったんじゃないか、ってくらいですけど、

若手・中堅の給料がやたらと安い。
韓国の芸能事務所と比べて、どうなのかはちょっと分かりませんが、たぶん同等レベルに安いっぽいです。(おそらく)
でも、なんで成り立つのか。

先輩がいるから。

いろいろ先輩が面倒見てくれたり、実質的な金銭援助もしてくれたり、
ともかく、あったかいと。これが、自分の財布の中がとぼしくとも、不満が起きないというわけで。

中途半端に貰うと、反ってそれで安心しちゃうらしいです。
(日本の人口・所得ともに多いので、今の海外進出が上手くいかない日本企業を見ればわかる)

たとえば、
ムーディ勝山だと、「左へ受け流す~♪」で着うたで数億円の利益が出たのに、数百万しか本人には利益が行かなかったとか。
これを抗議したところ、
「今お金が得られるのと、後でお金がなくなるのとどっちがいい」と言われたらしい。

 

ただし、今のムーディ勝山の状況については、ノーコメントで。

まあ、まあ、まあ、
どういう形がいいのかって、そうとう微妙なところがありますよね。

ただ、こういうのでかなり抗議して、一時的にお金をもらっても、クビになったら、かなり干されるらしい。
そういうところ、怖いからね。

ぶっちゃけ、タレントとか、実際裁判沙汰とかになって、たとえ全面的に勝ったとしても、
たいてい、好感度は裁判になった瞬間に回復出来ないほど底になってるよね。

最初にどうやって契約するかだなー。
まあ、デビューしてないひよっこの身分で契約をいじるなんて、そうとうだろうけどww。
まあ、変な契約しちゃったらドンマイだ。

で、結局なんだっけ。
ああ。
不正ダウンロードはよくないなっ
ってことか。

 

そういや、
早稲田祭のルーティン曲、

ある人の曲がやたら音質悪っと思ったら、
YouTubeから落としてきたやつだったらしい。

それはよくないよっ。

って、
僕も、大塚愛の曲、他のメンバーから貰ったんだけどwww
人のこと言えなー(笑

てか、ふつうに僕もYouTubeの違法コンテンツ見るよ。落とすよ。
てか、違法コンテンツ見ない人なんて、インターネット使う人には皆無だと。

うん、やっぱりいいや、
infinityの演技見て、
「やべー感動、ぜったいあの曲買わなきゃ」ってなるじゃん。たぶん。
そしたら、経済貢献してるしね☆★

--

PS

まあ、実際のところ、別にある程度は違法ダウンロードいいんじゃないかな。
結局、それで盛り上がれば、新曲が出たら、皆買うかもしれないし。

だって、よくさ、
「みんなが知ってる。けど、自分にはプレミア感が欲しい!」って思うじゃん。
“認知されるレア”。
(これに手っ取り早いのが高級ブランド品とかだけど。)

そういうときって、
かつての曲を周りの人が違法でもなんでも聞いてて、
“自分だけがそのみんなが知ってるアーティストの新曲を持ってる”

ってパターン、いいじゃん。

あと、違法でも、みんなが知ってれば、メディアにも取り上げられるし、イベントでも盛り上がりそうだし、

まあ、これからは一般にはタダでくばって、一部からお金を集金させて頂くってのもアリだと思う。
まあ、戦略のしようですね。

あと、韓国の状況もある種おもしろいと思うし、
そもそも勘違いもあるかもだから、否定はしてないですよ。

一応、2点だけ最後に付け加えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

ABCといえば

原宿→表参道→青山→渋谷
あたりをさくさくっと散策してきました。



無意味にぶらぶらしてたんですが、
ちょうど青山通りで、「本」の看板が!


ほんと最近、これには悩まされます。
本にはまっていまして、
「cannot help -ing ~せずにはいられない」(ドラゴン桜のテンポで)
状態ですね


近寄ってみたら
・・・

thunderthunderthunder


ABC
ぢゃないですか!

青山ブックセンター!

文ジャ生的には超重要!
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C4%BB%B3%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%BB%A5%F3%A5%BF%A1%BC
「デザイン系の書籍が多いなど独特の棚展開で知られ、多くのファンを持っている」
今はあのブックオフの傘下です。


まぢさ、結局、本屋行ってたら、新宿でいいじゃん、町田でいいじゃん、といった感じですけど。

町田は意外にかなり書店が多いです。
久美堂、福家、あおい、有隣堂、リブロetc.
福家書店が個性的で特筆もの。エンタメ系が充実しています。
芸能事務所バーニングプロダクション系で、よくイベントがあります。TVとかでしばしば「福家書店」っていうボードの前で芸能人がしゃべってたり。(もち町田店でじゃないけど)

新宿は大型書店のメッカだし。

ま結局、ABCでも本買っちゃった

まあ、悲しい性だね、
一時的に熱っぽくなってるだけって感じっちゃあ、そうなんですが、
最近、だいぶ本を読んでます
12月入ってからは1日1冊ペースで読み終わった本が増えてますー(これは相当だと思うw)

同時読み?並列読み?をやっていまして、
同時に何冊か並行しながら読んでて、これがいい感じだと思います。

今日に読みきったのは、「漢字と日本人」という本です。
タイトルはつまらなさそうですが、内容はかなり面白い。
この本は、漢字は日本語のなんなの?って疑問に対して・・・
って、いいや、読みかけの次の本読むのに忙しいから。。
じゃあ、この辺で再会(ザイチェン)!(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

中古でなくて新品を。作家やアーティストのために

中古商品って買いますか?

今日、久しぶりにブックオフで100円じゃない本を買いました。
ブログ進化論」って新書です。

 

ところで、
CDや書籍は再販制があり、定価が決まっています。
出版社などが値段を決めることができます。
おのずと、価格競争が起きづらくなり、値段が安くなりづらくなっています。

つまり、本来買える値段よりも高い値段で、消費者はCDや書籍を購入していることとなります。

 

まあ、価格競争に曝されている他の業界と比べて、言ってしまえば、
出版社やCD会社に寄付をしているようなもんです。

ということを踏まえて、
僕はなるべく新品を買っていました。

中古取扱店じゃなくて、作っている人(とそれを支えている業界に)に寄付したかったから。

(最近、生協と新宿のブックファーストに通いつめてるw)

 

というか、
普通の販売店で流通していないCDを除き、
CDを中古で買うってよく分からなくないですか?

300円とかなら全然買ったらいいと思うんですが、
今日、その本買ったついでに、CDコーナー見て、「これ欲しい!」と思ったものが、2400円 ぶへっ

その音楽を作った人への経済的貢献が全然ないのに、2400円とか、ブックオフにお金あげるとかできないでしょ、ふつう。

しかも、そのアーティストはYouTubeに公式サイトがあって、色んな曲を完全版でアップロードしているので、合法的な形でネットで聞けるのに。。。

なぞい。。。
今時、音楽データじゃなくて、CDパッケージを欲しいのってファンくらいだと思うのに。
わざわざ大して新品と変わらない価格で、中古CDを買うなんて…

 

もちろん、
CDだって、書籍だって、古くなってあまり流通してないものを買うのは、中古品がかなりいいと思います。

 

そう、今日買ったのは、
ちょっと古めの本でした。

まだ読み切っていませんが、初めの方に、

「ブログが05年流行語大賞のトップ10に選ばれました」だとか、

眞鍋かをりのココだけの話が人気」だとか、

 

眞鍋かをり、初代ブログの女王、懐かしいですね。

同じココログ(niftyのblogサービス)を使っていたので親近感がすこしあります。
最近、裁判沙汰があったので、メディアから敬遠されるようにならないか心配です。

もはや、
しょこたんやら、のんぴーす(冷静に考えると、Non Peaceになるsweat01)やら、上地ゆうすけやら、
いろんな人に越されてしまっていましたが、なんとも、ブログも閉鎖されてしまい、寂しいところです。

そういや、
ブログといえば、今日、僕のブログが微妙にバーストしました。
420PVでした。
まあ、バーストっていうほど多くもないですけど、ふだんより5倍くらいだね。
もうちょっとで累計で2万PVになりそうです。

 

 

まあ、まあ、まあ。
とにかく、なんだっけ、あ、そうそう、

新品買いましょう!
書店で立ち読みするなら、ときどきは何か買おう!

ってことなのかな。

 

文キャン生より

---

追記:もちろん中古を取り扱うのは、いいものをこの世から排除せずに、流通させ保存される機能があります。この面は大肯定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

「もしドラ」映画化決定!前田敦子、峯岸みなみ出演

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のもしドラが映画化されることになりました!

書籍の方は、累計発行部数が181万部だそうです(笑

どれだけ売れたら気が済むんでしょうかsweat01

 

出演陣は、

主人公・川島みなみ 前田敦子

エース・浅野慶一郎 瀬戸康史

1年生マネージャー・北条文乃 峯岸みなみ

キャッチャー・柏木次郎 池松壮亮

みなみの親友・宮田夕紀 川口春奈

野球部監督・加地誠 大泉洋

 

北条文乃が峯岸みなみになりましたね。

本来、峯岸さんは主人公の川島みなみのモデルだったのですが、映画ではマネさんに抜擢!

このマネさんは、渡辺麻友(まゆゆ)がモデルだったのですが、峯岸みなみの方が演技とかはうまそうかも。

 

同様に、宮田夕紀は大島優子がモデルだったのですが、川口春奈に。

 

それにしても、大泉洋とかwwww

北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」時代から応援してた自分にとってはこれは笑える配役ww

 

期待大な映画です!

 

---

 

追伸

エースの浅野慶一郎とか、みんなの党・衆議院議員の、浅尾慶一郎とか間違えやすい。

で、浅尾でエースというと、中日ドラゴンズ・浅尾拓也を思い出してしまいますよね。

マジカルバナナ的にdashdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »