« 「記号とは」 第一回講義録 | トップページ | 出版甲子園に行ってきました ゲスト:岩崎夏海さん »

2011年10月 2日 (日)

「中国が歴史問題にこだわる理由」 第二回講義録

前回は「記号とは」という講義を行いました。今回はなぜ中国があれほど歴史問題にこだわるのかを解説していきたいと思います。

 

第二回講義録 「中国が歴史問題にこだわる理由」

1.国を統治する正当性

ところでですが、なぜ日本政府が日本を統治する正当性があると思いますか?

一番の担保は「選挙」にあります。日本国民は選挙で国会議員を選べます。そこから「私たちの政府は日本を統治するのは当たり前」だと思う、というより、「なんで(今の)政府が日本を統治しているんだ!おかしいぞ!」なんて思う機会はない訳です。

しかし、中国ではこれは非常に核心的な問題となります。

なんで中国共産党は中国を統治できるのか。もちろん憲法などもありますし、法的な手続きはきっちり踏んでいるので、合法的には問題ありません。(自分で作った法なので、当然と言えば当然ですが)。

疑問を生む最大な原因は「選挙が行われない」ことにあります。なんで私たちを統治しているのだろう、と人民が考える可能性は、自然にしていれば十分にあるでしょう。

そこで、中国共産党は正当性を2つの側面に求めることにしたのです。

それが「歴史」と「経済」です。

 

2.歴史

近代中国はアヘン戦争から始まったとも言えます。1840年です。

それまでの中国は世界の覇者とも言えるほど、隆盛を極めていました。しかし、アヘン戦争から第二次大戦以前までは“敗北の歴史”と言っても過言ではありません。列強諸国に蹂躙され続けていました。

その転換が日中戦争でした。

日本人から見ると、第二次大戦はアメリカに負けて終わった、と覚えている人が多いと思います。しかし、ポツダム宣言はアメリカ、イギリス、そして中国の3ヶ国の首脳の名前で発せられました。

つまりは、中国からみれば、第二次大戦とは、「日中戦争として日本に勝った戦争」という理解になります。

この日中戦争が現代中国の礎となる経験となっています。現代中国は抗日という経験を元に成立している訳です。

 

3.経済

もちろん歴史だけでは、現代人は満足できないことがどうしても出てきます。経済的な豊かさが必要です。貧困にあえぐ人は当然自分の国の政府はどうしているのだと不満を持ち、政府を倒そうと考えるかもしれません。

反対に、生活が豊かになっていけば、自分の政府に対して不満を持つ人はまずいないしょう。

中国政府は自国民が政府に不満を持たないように、絶えず成長を続けさせなければなりません。

この経済発展を人民へ見せようと、工業化の負の面や安全性を考慮せずに急速に進める結果、様々な問題が発生しています。この点も重要ですが、これは中国の国内問題になるので今回は割愛します。

 

4.中国にとっての領土問題の重さ

中国政府は国を統治する正当性を国民からもたれやすく、それを防いでいく必要があることはすでに述べました。経済は次々と新しい政策を打ち出していけますが、歴史は容易には解釈を変えられないほど非常に大きな重みを持っています。

アヘン戦争以後の欧米列強との戦争、日中戦争、そして国共内戦。多くの犠牲があり、この重みは動かせません。

現代中国政府はこの歴史の継承者として、正当性の根拠を見出したのですが、つまりはこの歴史観を否定することは自身の政府の正当性を失わせることに、全く同義なのです。

この多くの犠牲を払った戦いの中でも、やはり最も重要なのは日本との戦いです。絶対に譲ることはできないのです。自身が歴史を継承していないことになってしまう訳ですから。

市民にとって、政府の態度が最も分かりやすいのは領土問題です。やはりここでは市民へのアピールを保たなければなりません。

 

5.琉球帰属問題・日清戦争への理解

また、領土問題にはもう一つの意識があります。

日本のせいで台湾が別の政府下になってしまった、沖縄周辺の土地も本当は中国のものだったのにという意識です。

 

沖縄や台湾周辺の地域は、19世紀になる頃まで国の帰順が曖昧な地域でした。

当時の中国の中央政府(清)は台湾の統治に関心はありませんでした。沖縄(琉球)も日本の中央政府から支配を受けていたという訳ではなく、17世紀に島津氏の侵攻を受けて、島津氏・薩摩藩からの統制を受けつつも、中国中央政府を宗主国とする関係を持ち続けていました。

中国人はもしも“その頃ままだったら”、当然台湾は中国の一部で、同じく沖縄周辺地域も中国のものだっただろう、と考えているはずです。

 

当時の日本政府は、今の日本政府よりもずっと国益に適う外交戦略に長けていました。

まず、1874年に起きた事件を利用しました。琉球人が台湾に漂着してしまった後、その琉球人が台湾人に殺されてしまったのです。

中国から見れば、国内での事件として対応するべきでした。中国のある地域の人が、中国の別の地域の人に殺されてしまったとすれば、以前と同じく沖縄も台湾も中国だと主張し続けることができます。

しかし、日本は琉球人は日本人だとしました。日本人が外国人に殺されたと判断したのです。つまりは、台湾はどこか別の国だが、沖縄は日本のものだと理解したのです。

これに対する中国側の対応が(中国にとって)非常に失策でした。

「台湾人は中国中央政府の王化が及ばない『化外の民』なので、責任は中国中央政府にはない」としたのです。台湾人には中国の中央から影響を受けてないから知らないよ、と言ってしまったのです。

そこで日本政府は台湾へ出兵しました。この出兵は、自国民を守るために外国へ攻めるという意味を持っていました。

曖昧だった地域がこの事件のために、沖縄は日本のものと判断される契機になりました。

 

この判断を決定づけたのが1895年。日清戦争後の下関条約です。

下関条約では、台湾と澎湖諸島(台湾の西側にある)を日本へ中国が明け渡すことが決められました。

これの台湾とその西側の島々を渡すということは、それより東側の沖縄はもともと日本のもとだったという解釈しかできません。

下関条約で沖縄は日本だと決まったので、もし日清戦争で日本が勝たなければ、沖縄周辺の島は全部中国のものになっていたかもしれません。

 

こうして、沖縄だけでなく、台湾が中国とは別の国となってしまいました。

台湾が政治的に大陸と分けられたものになったのは、中国人は当然日清戦争にあると考えるでしょう。

台湾・沖縄周辺の領土問題は、もともとは全部中国だったのに、日本のせいで問題が発生してしまった理解があるのです。

 

6.まとめ

中国がなぜ歴史問題にこだわるのか、という理由は、中国共産党が中国を統治する正当性が確立されていないからです。

中国共産党はその根拠として、経済とあわせて「歴史」を選んだのです。歴史とは、現代中国の成立時ことを指し、すなわち抗日となってしまいます。

しかも、領土問題には、もちろん人民に分かりやすくアピールできるという面もありますが、「日本が戦争で混乱させた」という意識があります。中国は歴史問題の中でも、なおさら領土問題には熱が入るのです。

|

« 「記号とは」 第一回講義録 | トップページ | 出版甲子園に行ってきました ゲスト:岩崎夏海さん »

勉強」カテゴリの記事

コメント

戦勝国の中華民国は、なぜ国連を追い出されたのでしょうか。
アメリカにテロ国家ができ。米国の過半を支配したら、常任理事国や拒否権は、テロ国家に移るのでしょうか?アルバニア決議って、不可解です。アメリカが中華人民共和国の協力を得て、ベトナムと戦うために、このような不可解な決議になったようです。戦後の秩序の崩壊の始まりです。

投稿: | 2015年10月16日 (金) 15時58分

漢民族が台湾を支配したのは、蒋介石が台湾に移ってからのこと。清(女真族)の最盛期でも、台湾の半分にやっと統治がかかっただけですし、民族的にフィリピンとかに近い台湾原住民からすれば??ですね。中国共産党には力がなく、テロやゲリラ、風評作戦や人質作戦、、、、そして日本と国民党の関係をこじらせることに唯一の勝機を見出し実行したわけです。中国一般人が多数共産党の作戦の犠牲者になったことは史実の通り。鄧小平さんの突拍子のない記者会見に、多くの日本人は吹きだしました。毛沢東さんも蒋介石さんも日本領と認めている尖閣に突然棚上げ会見をしたのだから。日本人が海南島は日本領だといったら、中国人はクレイジーだと馬鹿にするのと似ています。そしてその棚上げを勝手に破る中国漁船上陸がおきます。今の中国は、戦前の日本の状況なのでしょう。国際法や条約について、一般の中国人は知ることができないのでしょうか?尖閣については、チャーチル蒋介石会談で、戦利品としての受け取りを蒋介石が拒否したといわれています。日本人が、中国国民党に協力していたこと、対共産党闘争が
本格化しはじめたことが原因。中国側は、戦利品として尖閣を求めなかったのです。国民党の領土に尖閣はなく、継承した共産党の領土にも尖閣はありません。

投稿: | 2016年6月17日 (金) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202594/42191120

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国が歴史問題にこだわる理由」 第二回講義録:

« 「記号とは」 第一回講義録 | トップページ | 出版甲子園に行ってきました ゲスト:岩崎夏海さん »