« オイコノミアがおもしろい 「年功序列は保険」 | トップページ | オイコノミア 保険の実験 »

2012年5月16日 (水)

音楽業界のデジタル化低迷から考える電子書籍の未来

音楽有料配信の売上が落ち込んでいます。

音楽有料配信推移

デジタル化という面で、出版業界の一歩先をゆく音楽業界。

その音楽業界のデジタルコンテンツのマネタイズが伸び悩んでいるのは、出版界のことを考えると憂慮すべき事態です。

要因は、多くの人が従来の携帯電話をやめ、スマートフォンを使うようになり、今まで携帯電話で上げていた収益が落ちていることにあります。

携帯電話には「着うた」など、キャリアの通信料支払いと同時に支払えるという「気軽さ」がありました。

しかし、スマートフォンではインターネットはパソコンで見るのと同じ。

よって支払いも、キャリアの通信費とは全く別に、クレジットカードなどを入力し支払わないといけないだとか、コンビニとか別の場所に行って払わないといけないとか、そういう煩わしさがある。

というところですよね。

 

なんだかんだいって単に娯楽なんですよね。わざわざ面倒なことをしたくない人がほとんど。

YouTubeで検索して聴いたり、Craving Explorerで落としてiPodに入れたりとかの方が楽。

今まではガラケーで、そういったことをするのが面倒。お金を払ってでもレコ直でダウンロードする方が楽だった。

 

電子書籍市場規模の売上推移と予想


このグラフは電子書籍市場の売上推移と予想です。

果たして2015年には2000億円市場になるのだろうか。

それにはいかにして、楽に支払えるようにするかが問題だと思います。

 

少し基本的なところに戻ると、電子書籍の市場って、今ほとんどがコミックで、BL・TLが多かったりする訳です。

そういうったものを買う人って、女子中学生・女子高校生・女子大学生とかが多いんじゃないでしょうか?

クレジットカードを持ってないし、面倒なことしなさそう。

まあこれは偏見ですけど、そもそもおじさんなら紙の買うでしょう。

とりあえず、2015年とか直近では、いかにガラパゴスケータイの流通網でできていた支払いの簡易さからできた市場をなくさないことが大事。

電子書籍売上内訳

(インプレスR&Dのサイトから借りて来ました)

このグラフを見て分かるようにケータイ向け市場は2010年が頂点だと予測されています。

音楽市場よりも2年遅れているのは、出版社と著者の権利契約で、そう簡単にケータイだと言っても電子化できなかったから、遅れていただけ。

つまり、一番のグラフ、音楽配信の市場推移が示したように、電子書籍だといっても、このままならどんどんシュリンクしていく。

 

やっぱり直近としては気軽に買ってた層を確保しないといけない。

ケータイでコミックを買ってたけど、スマホに機種変更した人に引き続き買ってもらおう。

それに一番手っ取り早いのは、キャリア決済を可能にした電子書店。

よく出版人は「電子書店間で互換性がないことが電子書籍の普及を阻害している」と言います。

ずっと同じ端末を使うなんてありえませんし、長期に読みたい本を電子で買おうという気には、今の状況ではならないですよね。

でも、今までコミックがガラケーで買ってた人って、昔に買ったコミックを読み返してたんでしょうかね?

そんなに長期的なことを考えてないと思います。

 

電子書籍の最大の魅力って、「手軽さ」にあるはずです。

どこでも買える、どこでも読める。

電子書籍に手軽さが出れば本当に電子書籍の市場が急拡大していくだろうし、そうあって欲しいです。

まずは支払い方法の簡略化が必須。

日本人はモラルはそれなりにありますし、面倒じゃなければちゃんと対価を支払うと言う人が多いはず。

気軽に払えるようになれば、音楽配信も復活するし、電子書籍は成功する!

|

« オイコノミアがおもしろい 「年功序列は保険」 | トップページ | オイコノミア 保険の実験 »

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202594/45286762

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽業界のデジタル化低迷から考える電子書籍の未来:

« オイコノミアがおもしろい 「年功序列は保険」 | トップページ | オイコノミア 保険の実験 »