« 就活生になるために準備しておくこと | トップページ | 沖縄で平和を考える »

2012年10月14日 (日)

就活生が読むべき本

就活生になるために準備しておくことの記事の続きです。

就活生が読むべき本を紹介したいと思います。

 

1.就活生になるために必要な本

大学キャリアセンターのガイドブックなど。

詳細は前回の記事を参照してください。

 

2.業界研究本

Cimg7786b

業界研究は就職活動の第一歩です。

僕のお薦めは産学社の『最新データで読む産業と会社研究シリーズ』です。

僕の持っているのは2012年版で写真にある上段のものの装丁ですが、今年度の装丁はかなり変更されています。注意してください。

もちろん自分が好きなものを本屋で探してください。

 

3.業界研究ムック

Cimg7794b

業界を紹介するムックや雑誌も多くあります。僕がいいなと使ったのは上の2冊です。日経BP『IT業界徹底研究 就職ガイド』、洋泉社『徹底解析!!最新鉄道ビジネス』です。

これらは大判で絵も多いので分かりやすいです。雑誌の広告っぽいところもあったりしますが。これは深く知りたくなったり、書店でたまたまよさそうな本を見つけたら、くらいで大丈夫だと思います。

 

4.就職活動支援本

Cimg7790b

業界ごとにこの業界に就職する!みたいな本があると思います。マスコミなら、創出版の『マスコミ就職読本』は必読です。

メルマガはぜひ登録してください。今は2013年度で有料ですが、2014年度になれば無料になると思うので少し待ってください。(昨年は途中から有料に変わりました。)

他業界の場合は業界の就職本が有効か分かりません。

 

5.過去問・問題集

Cimg7791b


新聞社の場合、独自の筆記試験があります。

新聞ダイジェスト』に過去問が載っている号があります。

 

テストセンターというものがあります。ほぼ100%受けます。くわしくはこのサイトで→SPIノートの会

テストセンターやその他テストの問題集があるので、それらは好きなのを1冊すれば十分だと思います。

ちなみに自分の場合は、テストセンター用の問題集は『これが本当のSPI2だ!』(SPIノートの会・津田秀樹 著 洋泉社)を一度やりました。

新聞ダイジェストは買いましたが、しませんでした。日経新聞は過去問を採用ページで公開しているので、それを印刷してそちらはしました。

これは個人差があると思うので、自分の考え方に合わせて準備してください。

 

6.業界誌

Cimg7788b

業界の雑誌です。必読ではありませんが、読んでおけば業界の状況がより詳しく分かります。

マスコミなら例えば『創』など。

 

7.職業をテーマにした本

Cimg7789b

単純に好きな職業の本は面白いと思うので読んでみてください。

マスコミなら↓をオススメします。

永江朗『<不良>のための文章術』 NHKブックス

永江朗『書いて稼ぐ技術』 平凡社新書

池島信平 『雑誌記者』

河北新報社『河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙』 文藝春秋

村田雄介『ヘタッピマンガ研究所R』 ジャンプコミックス

佐藤秀峰『漫画貧乏』 PHP研究所

|

« 就活生になるために準備しておくこと | トップページ | 沖縄で平和を考える »

就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202594/47450191

この記事へのトラックバック一覧です: 就活生が読むべき本:

« 就活生になるために準備しておくこと | トップページ | 沖縄で平和を考える »