本紹介

2010年10月11日 (月)

「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート

書評を書いてみました。

「ニッポン社会」入門

「ニッポン社会」入門

英国人記者の抱腹レポート

コリン・ジョイス

谷岡健彦 訳

 

 book1st新宿店は新宿駅から直結である。あの日は外が大雨で、雨をしのげて大変助かった。モード学園のコクーンタワーの地下にある。なりたくない自分になるな。「ムリだ」と笑うヤツを、笑え。アピールするコピーが、大型書店で出会う本へと、気持ちを高ぶらせる。

 大量の陳列棚から、ピックアップしたのは、「歌舞伎は歌舞伎町ではやっていない」「作家とサッカーの違いは大きい」と、ぷっ声に出して笑いそうになった帯がついたこの本だ。外国人が勘違いして困っている姿を想像してしまう。危うく周りから白い目で見られるところだった。緊張を余儀なくされる重厚な書店に行っても、結局私が買うのはくだらない本だ。しかし、くだらなそうに見えて、冷静に考えてみると奥が深い。

 英高級紙『デイリー・テレグラフ』の記者コリン・ジョイス氏が日本を紹介する。十四年間日本に暮らし、発見した日本を、ユーモアとともに書いている。「日本社会について手っ取り早く学びたければ、プールへ行ってみることだ。規則と清潔さを愛し、我慢強く、大きな集団の悪事に寛容な国民性が理解できるはずだから。」といった具合である。

 ちょっと笑える日本紹介の本は頻繁に出ているが、外国紙の記者が紹介することにミソがある。英国人は、日本にたいして感心がない。英国紙に日本のことが載るのは、たいてい三面記事か、キワモノ記事だ。コリン氏が来日前、新聞で知ったこととは、「澄んだ山地で瓶詰された空気を吸引するためにバーへ行く」「自動販売機で女性の使用済み下着が買える」など。コリン氏は単に読者を楽しませるのではなくて、英国人に日本を理解させる質のある記事を書きたいと言う。しかし、編集部や読者が簡単には許してくれない。やはりうけるのは、「超がつくほど発達した便器」、「病的なまでに潔癖!マンション入口に犬用シャワー」であるのだ。編集部と特派員の関係も解説してある。

 タイトル通り「抱腹」して、単純に楽しむのもよい。外国人記者は、日本のおかしな一面を見つけるプロだ。しかし、海外報道の恣意性について、考えてみる機会を与えてもくれる。ステレオタイプを見直してみるのもいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

「もしドラ」川島みなみの写真撮りました

もしドラ

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

 

めっちゃ、流行ってますね。

 

タイトルそのまんまですが、

経営学者ドラッカーの著、『マネジメント』を野球部のマネさんが読んで・・・、っていう小説です。

 

100万部突破しても、書店やネットをはじめ、衰えが感じられません!

 

だって、もし、100万人読んだとしても、日本人の1%ですからね。

テレビで考えれば、1%なんて全然伸びしろあるし、

マンガ、ワンピースなんて、初版で320万部刷れてますし。

 

ワンピース最新刊59巻は日本記録320万部。

 

まあ、ワンピース人気は異常ですが、もしドラもまだ伸びそう。

以前の記事(峯岸みなみがモデルの「もしドラ」100万部到達!)で、早稲田大学生協での盛り上がりを紹介しましたが、夏休みに入ってももしドラキャンペーンは続いています。

 

この間、大学に行った時にその写真を撮りました!

ちょうど早稲田大学がオープンキャンパスの日で、文キャンも高校生でいっぱい。そんな中で写真を撮るのは精神的に頑張りました。笑

JKの視線をかい潜り、、みなみちゃんを撮。

 

早大生がおたくだと思われたら、困りますからね☆

せっかく早大受けようか迷っているはずですから。本性はバレちゃいけないww

 

 

早稲田生協もしドラ 早稲田大学戸山キャンパス生協の入口です。

一番目立つところにもしドラのポスターがあります。

しかも、今だけ15%オフ!!

 

それから、生協の中へ入っていくと・・・(既に見えかかっていますが)

 

川島みなみ画像 や、やばい。

峯岸みなみ、、、もとい、川島みなみ

がお出迎え。

 

川島みなみが「買って」と言っています。

 

cannot help 買うing.

買わずにはいられない。

 

 

むしろ、cannot help 誘拐ing. か(笑

 

 

でも、みなさん、

ダメ。ゼッタイ。誘拐。

誘拐は犯罪です。

 

 

そんな

川島みなみ等身大パネル

です。

 

、、

川島みなみ等身大ポップ?、やっぱり名前は分かりません・・・

 

もう一撮。

川島みなみ等身大パネル画像 さすが、

AKB48峯岸みなみがモデルの川島みなみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

峯岸みなみがモデルの「もしドラ」100万部到達!

もしドラが100万部売り上げました!

小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著)の発行部数が、22日に100万部を達成することが20日分かった。このうち4万部は電子書籍販売分で、発行元のダイヤモンド社は大正2年の創業以来初のミリオンセラーとなる。

「もしドラ」100万部へ ダイヤモンド社、初のミリオン より引用 izaイザ!(産経新聞)

おめでとうございます!

このもしドラの主人公「川島みなみ」は、AKB48の峯岸みなみがモデルとなっています。

なので注目しています。

 

でも、それにしても、

もう至る所でキャンペーンしていますからね!

 

早稲田の戸山キャンパス(文キャン)の生協でもキャンペーンをしています。

入口にどーんと川島みなみ等身大広告が!

 

あれって何て言うんですかね?

立て看板?紙製で形に切って立ててあるやつ。

名前は分かりませんけど、

とにかく、  いいね☆ 笑

 

 

-----

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

 

ってこれは、対アマゾン用のタイトルみたいなものだそうです。

インターネットの検索でひっかかりやすい、かつタイトルだけで中身がそのまま分かる。

 

今ってタイトルがよくないと、すぐに埋もれてしまう時代ですからね。

 

販売部数が減るのに、出版部数はウナギ登りで増えてますからね。

つまり、売れないのにどんどん新しい本が出てくる。

その結果、平積みされる期間が減る。

 →背表紙しか見えない棚へ

  →タイトルしか見えない

   →タイトルがよく分からないと手にとってもらえない

 

ネットなんて、さらにたくさんの本があってどれがどうだか分かんない。そんな時、題名でよく分かんないと中々クリックする気にならないですしね。

例えば、冲方丁さんの『天地明察』が本屋さん大賞を得るまで、あまり売れていなかったのもいい例。

中身より外身とタイトル。

とにかく、今は説明型タイトル!

長くてもネットじゃ気にならない。

 

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』くらいがさきがけになったのかもしれないですね。

さおだけ屋は販売部数05年度3位。

そして、『読めそうで読めない間違いやすい漢字―誤読の定番から漢検1級クラスまで』なんてもう、説明し過ぎなくらいですよ。09年度の2位です。

 

まぁもしドラの場合、中身・外身・タイトル全て時代に適合しっちゃってるかもしれませんが。

 

 

・・・これも文化構想の授業で習いましたww

もしドラも勉強する文化構想です。

文構はおもしろいねぇ

(このまとめばっかりだww 好きだなー)

 

 

追記:

もしドラ主人公の川島みなみの画像は「もしドラ「川島みなみ」の写真撮りました」の記事で紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

村上春樹1973 他

最近ここ1週間ぐらい、すごく本を読んでます、自分としては。

 

火車 宮部みゆき

文学部唯野教授 筒井康隆

楽園のつくりかた 笹生陽子

1973年のピンボール 村上春樹

など。

 

火車は選考委員の誤読で直木賞を逃した作品ですが(ある早大先生談)、確かに読んだら止まらなくなりました。

文庫にして590頁もありますし、内容が重いテーマですが、ずんずん進みます。

 

ネタバレなしで、内容を簡単に言うと、

主人公は休職中の刑事“本間俊介”。親戚の婚約者「関根彰子」が失踪し、探すこととなった。しかし、そこには大変深い闇があった。捜査によって浮かび上がってくる彼女の壮絶な姿。クレジットカードキャッシングが生み出してしまったミステリー。

 

 

火車はおすすめです。多少、「グレーゾーン」の問題など、現代と変わってしまった面もありますが、まだまだ現代に一石投じれますし、ミステリーとしても傑作です。

 

 

村上春樹、

1Q84は読んでないんですが、1973から入ってしまうと、う~ん、って感じです。

理解が至難の業だと思ってしまいました、1973年のピンボールは。

少なくとも、僕は意味が分かりませんでした・・・

 

こっちも内容を簡単に言うと、

「僕」と「鼠」の話。なおかつ「ピンボール」の話。僕はある日から突然、双子(女性)との3人の共同生活を始める。他愛もないようで不思議な、繋がらない日々を送る。ピンボールには、「僕」は翻弄されるが、最後には言葉を分かち合う。

 

なんか、リンクがなくて、パラレルしている感じですね。

 

 

文ジャに進んだことで、ひたすら文章をインプットしていかないと、ひどい状態になりそうです。

何かオススメの本、ありましたら教えて下さい。お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

峯岸みなみ、もしドラの主人公のモデルだそうです

このブログの過疎具合が悲しい(笑

過疎ってるから、前回のようなバカみたいなことも書けるが、逆に前々回のようなAKB48の峯岸みなみさんにジャグリングを教えてきたって書いても、何にも変わらない過疎っぷりがね。

悲しっすねw

アクセス数か、コメント数か、何か増やしたい!

増えたのは、ココログの異常による開くまでの時間くらいか。遅いshock

 

ところで、

みなさん、「もしドラ」って知ってますか?

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

 

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ですけど、

峯岸みなみさんが主人公のモデルだったそうです。

今週の週刊ダイヤモンドに書いてありました。

 

ま、「もしドラ」もダイヤモンド社が出してるんで、ただの広告ですけどねdash

 

ベストセラーのモデルとは、峯岸さん、そんな凄い人だったんですねsign01

 

この「もしドラ」、賛否両論ありますね。

早大のある先生は「ゴミ箱へ捨てろ」とおっしゃってました。

でも、ベストセラーになってるのは事実。

 

ちなみに、僕がこの本を知ったのは発売される前で、日経新聞の方がこういう本が出ると教えてくれてました。

 

しかし、紹介されて、さらにこんなに話題になってるのに、僕は読んでないんですけどねsweat02

読まなきゃ!

 

ITパスポート試験が18日にあるので、それ以降で読んでみて、また書評でもブログに載せられればいいと思っています。

でも、Iパス、こえー。

受かるかな・・・。しかし、Iパスの対象年齢は何歳なんだろう・・・?

てか、会場、伊勢原の産能大って、遠いわ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)